医学部ゆかりの医療ブログ

安心と快楽を提供します。

2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●若い女性スタッフとのセラピーが医療行為として提供される


 こんにちは、ゆかりです。

オナニーばっかししていると、本番の時になかなか逝かないか、全く逝かない
ことが多く大変社会的な問題になっています。


 オーストリアではインターネットの画像や動画にオナニー中毒患者に実地指導する医師がいます。 若い女性スタッフが対応してくれるので、中毒患者にとっては朗報ですね! 日本では法律的に難しいと思いますがいかがでしょか、コメントいただけると幸いです。

以下の記事の抄訳です。


Source: http://news.ninemsn.com.au/article.aspx?id=261819

●若い女性スタッフとのセックスセラピーが医療行為として提供される
オーストラリア



 インターネットの画像や動画に中毒になってしまっていて、生身の女性との接し方がわからない。ましてや、女性とお互い素肌で抱き合うようなシチュエーションになろうものなら、緊張しすぎて何もできないか、興奮しすぎて先に果ててしまいそう。

 そんな悩みを抱えた20代から30代半ばの男性を主なターゲットとして“セックスセラピー”を提供しているブライアン・ヒックマンという医師がオーストラリアにいる。ただし、ヒックマン医師は、自ら実地で男性の相手をするのではなく、あくまでセラピーの監督役である。

ヒックマン医師のクリニックでは、“セックスサロゲート”と呼ばれるスタッフ6名が勤務している。そのほとんどは若い女性であり、主にマンツーマンで患者の“実地指導”に当たる。


セラピーの内容は患者の症状によって異なるが、女性との話し方から始まり、女性の体への触れ方などを“サロゲート”たちが自分の身でもって教えてくれる。

 早漏など、女性と行為に及んだ段階で出現する問題を抱えている患者は、“本番”の実地指導も受ける。約15パーセントの患者がこれに該当するという。

セラピーセッションを終えると、患者、サロゲート、訓練を受けたセラピストの3名の間でブリーフィングが行われる。セックスセラピーセッション1回当たりの料金は、600豪州ドル(日本円で約5万円)。


  ヒックマン医師は、先ごろシドニーで開催されたWorld Congress on Sexual Health(世界性健康コングレス)で、このセラピーの成果を発表している。30人の患者(男性29名、女性1名)の治療予後をレビューしたところ、その成功率は95パーセントをマークしたという。

むろん、ヒックマン医師のセラピーが世間や専門家たちの批判にさらされていないはずがない。現地でも非常に大きな物議をかもしている。そもそも、サロゲートを起用したセックスセラピー自体は、ヒックマン医師が開発したものではない。

米国のMasters and Johnsonリサーチ・チームが60年以上も前に提唱したのが始まりである。1970年代のフリーラブの風潮の中で一時ピークを迎えたが、その後はHIV/AIDSの出現などを経て、一般には忘れられた存在となった。

しかし、精神医学界からは、売春の隠れ蓑になるとして未だに激しい批判を浴びている。たとえば、同コングレスに出席したトルコの精神科医メーメット・スングル氏は、ヒックマン医師のセラピーに対して次のように反発している。

「セックスワーカーが教える立場になるのなら、教師という職業の呼び名を変える必要があるでしょう。セックスセラピーは費用がかかりすぎるし、患者の心を混乱させます。実際に効果があることを示す証拠は、皆無に等しいというのに」

一方、ヒックマン医師は、次のように話している。「実際に性交するという一面にばかり世間の関心が集まっていますが、それはあくまでセラピーの一部に過ぎないのです。男性諸氏には、先入観だけで避けるのではなく、ぜひお試しいただきたく思います。本当に効果があるのですから」

「コングレスで発表した結果が示すように、正しく実施する限り、このセラピーは極めて有効であり、今後も推し進めていく価値があるのです」

ただし、ヒックマン医師は、豪州においても、このセラピーが完全に合法とは言い切れないことを“not entirely legal”という表現で認めている。

  
Source: http://news.ninemsn.com.au/article.aspx?id=261819

Paying for sex as therapy having success

 A controversial sex therapy where men pay to get erotic "lessons" from women is having success in Australia, a world sex congress has been told.

 Sex surrogate therapy is frowned on by most in the medical establishment, but a Melbourne-based sexologist who recently resurrected the contentious treatment says business is booming and the results are good.


 Dr Brian Hickman takes on clients, mostly male, who pay $600 a session to help overcome problems ranging from nervousness to premature ejaculation by "practising sexual exercises" with a so-called sex surrogate.


The sessions sometimes include full sex "if that relates to their issue", and are followed with briefings between the client, female surrogate and a trained therapist.

The once-popular therapy has met much opposition in Australia and is, in Dr Hickman's words, "not entirely legal" but he says his results have been "amazing".


 A review of 30 clients, 29 men and one woman, presented to the World Congress on Sexual Health in Sydney showed a 95 per cent success rate.

"People get very upset by what we do and seem to think we're all just prostitutes having sex for money, but they've got it very wrong," Dr Hickman said.

"My results show that done properly, this therapy can be very, very effective and it's really worth pursuing."

 The clients were all aged 20-35, single and suffering from a range of issues from difficulty holding hands or talking to women to addiction to internet pornography.

His six surrogates, mostly young women in "the arts and creative" industries, worked with them one-on-one primarily to build confidence, teach them how to touch and talk to women and, in 15 per cent of cases, have sex.


 "People make a huge deal about the intercourse element but really this is only a small part of what we're doing here," Dr Hickman told the gathering of sexual health experts.


 "We need you guys to stop shunning it and embrace it because it really works."

The contentious practice was developed by sex gurus Masters and Johnson more than 60 years ago, and its popularity peaked with the free love movement of the 1970s.

 

 It faded out with the emergence of HIV/AIDS and still has fierce opposition from most in psychiatry circles who say it is prostitution in disguise.


"If sex workers can be teachers in this context then teachers should change their job titles," said Turkish psychiatrist Mehmet Sungur, who addressed the conference.

The therapy is too expensive, emotionally confusing for the client and there is "incredibly little" proof it actually works, he said.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukari151.blog.fc2.com/tb.php/18-244f7235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

時計

What time is it now?

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

ゆかり

Author:ゆかり
●某大学医学部の女子大生です。
​これだとみなさん驚くでしょう。

●​医学部4年生です。


●​エッチで頭の良い子が多いです。
​ 
​●ドイツのマシアス・ブンダーラインという医者が、知能指数の高い女性ほどセックスが大好きで、男性の場合、セックスをするたびに頭がよくなっていく調査の結果を発表しました。 

​・知的な職業人こそ性欲が強い人が多い。エッチな人ほど脳刺激が豊かである
・​性の快感による前頭葉への刺激は仕事への対応力を増す
・​脳とヒフは親戚同士、ヒフから送られてくる快感は脳のエネルギーになる
・​性的な経験は脳を活性化させ、冴えさせる
   h​ttp​://​yah​oo.​jp/​NA3​_ZO​ 

​●安心、満足できるセックス
 ​ 
​ピルによる避妊、性病検査を実施し、ハイクラスの方に限定して指導します。(​要審査)

●​心身共に、最上の状態で行うためまずはじめに実施計画を策定いたします。

●​衛生 健康 食事管理を指導をするため下記の検査を行います。

①​性病検査 病院​(1ヶ月毎)
​②精液検査 病院​(任意)
​③健康状態検査 病院 
​④血圧・心拍数 測定 
​⑤ハートレートモニタで150​以上は警告
​⑥運動指導  計画実践
⑦​食事指導  計画実践
⑧​実技指導  

​●注意事項及び免責事項

​  医療に関する記事が数多く含まれていますが、たとえ医療に関するある記述が正確であったとしても、それが該当者または該当者の症状に当てはまるとは限りません。

 ​医療情報は、一般的なものであり、医学の専門家(例えば医師、看護師、薬剤師など)による助言の代用にはなりません。ゆかりは医師ではありませんので、これらの事を御承知の上、御利用ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (36)
セックス (53)
ブログ (28)

FC2カウンター

ブロとも一覧


童貞好き・セックス依存症のかすみのホンネ★

 ぬきちのにっき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。